「LINE Pay」が「Apple Pay」対応で、iD端末でのタッチ決済が可能に

「LINE Pay」が「Apple Pay」対応で、iD端末でのタッチ決済が可能に

LINE Pay(ラインペイ)がバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の提供を開始、これにより「LINE Pay」がApple Payでも利用できるようになりました。

「Visa LINE Payプリペイドカード」でiD端末でのタッチ決済が可能に

Visa LINE Payプリペイドカード

今回の対応は年会費無料のバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の提供開始によるもので、Apple Pay設定時に「Visa LINE Payプリペイドカード」が発行されiD加盟店やオンラインのVisa加盟店で利用可能となります。

iDが利用できる加盟店ということで、セブンイレブン・ファミマなどのコンビニやマクドナルド、吉野家などの飲食店でも利用できるようになります。

バーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行とApple Payの設定方法

バーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行とApple Payの設定方法

① LINEアプリの[ウォレット]またはLINE Payメインメニューにある[Apple Pay]のアイコンをタップ

② [はじめる]をタップ

③ バーチャルカード(Visa LINE Payプリペイドカード)発行の案内画面で [確認] を2回タップ

④規約の内容を確認の上、[同意します]をタップし、パスワードを入力

⑤Apple Payの案内画面で[続ける]をタップ

⑥Apple Payにカードを追加

⑦Walletのメインカードに設定ができます。

⑧[設定が完了しました]と表示されたら完了です。

「Google Pay」には順次対応、JCBの「LINE Pay カード」は新規の登録・発行は終了

Google Payは順次対応予定となっていて、他にも2020年12月22日で、JCBのプリペイドカードで提供していた「LINE Pay カード」は新規発行を終了しました。

既存会員は有効期限までは利用可能となっています。